So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アスベスト被害で元従業員が造船会社を提訴(産経新聞)

 アスベスト(石綿)による健康被害を受けたのは会社が散水を指導するなどの安全配慮義務を怠ったためとして、造船会社「サノヤス・ヒシノ明昌」(大阪市北区)の下請け会社に勤務していた男性(68)が10日、サノヤス社に3300万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

 訴状によると、男性は昭和42〜平成19年、船舶修理工として勤務。エンジンなどの修理で断熱用の石綿布を取り外す度に、大量の石綿粉塵(ふんじん)を吸入し、悪性胸膜中皮腫などに罹患(りかん)したとしている。

【関連記事】
「アスベスト訴訟、判断してから…」原告側も控訴
国控訴で原告団「生きる道閉ざすな」 石綿訴訟
大阪アスベスト集団訴訟 国、賠償不服で控訴へ
クボタショックから5年 石綿被害救済訴え「人間の鎖」
石綿訴訟で控訴断念の方向 厚労・環境省、閣内異論も

覚せい剤密造 イラン人ら風邪薬から 「調達役」も関与か(毎日新聞)
<菅首相>郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認(毎日新聞)
ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)
賭博力士「特定情報は公表できない」…相撲協会(読売新聞)
強制消毒、鹿児島など3県も指定=優良種牛5頭、シロ確定―口蹄疫(時事通信)

議論好き・菅氏、気さくな性格・樽床氏(読売新聞)

 民主党代表選への立候補を表明した菅直人副総理・財務相(63)は、市民運動を通じて知り合った故・市川房枝参院議員の選挙事務長などを経て政界入りした。

 1996年に橋本政権の厚相として初入閣し、薬害エイズ問題で知名度を上げた。大の議論好きで本人は「けんかすると一番、仲が良くなる」が口癖だが、「面倒見が悪い」との指摘もある。

 これまでも「首相」への野心を隠さず、党代表選出馬は7度目だ。小沢一郎幹事長とは趣味の囲碁で対局したこともあるが、近い関係とは言えず、現時点で菅氏支持を表明しているのは岡田外相、前原国交相、枝野行政刷新相ら小沢氏と距離を置く議員が目立つ。

 樽床伸二衆院環境委員長(50)は、松下政経塾出身。前原氏らと同窓で、党内では政策より党務に汗をかくタイプと目されている。

 気さくな性格と面倒見の良さから若手の信望が厚い。党内では特定のグループに所属せず、鳩山首相や菅氏ら「鳩菅世代」からの脱却を主張する世代交代論者でもある。樽床氏陣営は、松本剛明衆院議院運営委員長や三井辨雄国会対策委員長代理ら小沢氏に近い議員が少なくない。

 菅氏、樽床氏ともに世襲議員ではない点は共通している。2001年以降の歴代首相は小泉、安倍、福田、麻生、鳩山と5人連続で父親らが国会議員を務めており、2人の争いとなった場合は、久方ぶりに「世襲」やそれに近い経歴を持たない首相が誕生することになる。

社民党の全国幹事長会議、連立離脱方針を了承(読売新聞)
菅氏の対抗馬探し難航…「戦犯」と指摘の候補も(読売新聞)
21世紀の日本の脅威は中国 櫻井よしこさん(産経新聞)
小4男児が九死に一生 9階から転落も命に別状なし 東京(産経新聞)
県立受験やめれば合格させる 愛媛の帝京第五高、30年前から(産経新聞)

公明・山口代表、民主党との連携に含み(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は12日午前の記者会見で、夏の参院選後の民主党との連携について「選挙で示された民意を受けとめながら対応を考える」と述べ、含みを持たせた。

 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表が10日夜に参院選での与党過半数割れを想定し、野党との連携を協議したことについても、「今、部分的な個別政策とか、あるいは丸ごと一括してどうするとか考えは持ち合わせていない。国民・庶民の利益の実現に資する対応を考えていく」と述べた。

【関連記事】
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…
小沢氏と亀井氏会談 過半数割れなら野党とのパーシャル連合も
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も
政権下り坂の参院選は「鬼門」 自民党政権下では首相辞任の事態に
「公明と連立なら離党辞さない」 石井一選対委員長

クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀(読売新聞)
首相が一部移転を正式要請、徳之島3町長は拒否(読売新聞)
龍馬も気に入る? 大阪市の造幣局で「龍馬硬貨」の打ち初め式(産経新聞)
カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
副操縦士、免許置き忘れ操縦=折り返し便が欠航−日航(時事通信)

<JAXA>白木理事「誇りに思う」 山崎飛行士帰還で会見(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子飛行士(39)の帰還を受け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は米東部時間20日午後(日本時間21日未明)、ケネディ宇宙センターで会見し、山崎さんの活躍をねぎらった。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 今回の日本側責任者を務めた白木邦明理事は「無事着陸でき、大変うれしい。11年待ってようやく搭乗できた山崎さんは、国際宇宙ステーション(ISS)への補給、ロボットアーム操作などの任務を立派にこなし誇りに思う」と総括した。着陸直後、滑走路で対面した山崎さんの様子を「重力で血液が(下半身に)下がっているためか、顔色が白く見えた。しかし話し方も足取りもしっかりしていた」と語った。

 シャトルは残り3回の打ち上げで退役し、それ以後はロシアのソユーズ宇宙船がISSに人を運ぶ唯一の輸送手段となる。白木理事はロシアにJAXAの事務所を設置する検討を始めたことを明らかにした。

【関連ニュース
【写真特集】映画みたい? NASA ミッションポスター
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」
<関連記事>山崎直子宇宙飛行士:無事帰還 「美しい地球の自然、また感じた」

独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い−職員5人書類送検・宮崎刑務所(時事通信)
<地震>岩手、宮城で震度3=午前6時23分(毎日新聞)
事業仕分け 傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)
父親は失血死と判明 大阪・枚方の刺殺事件(産経新聞)
世界のバリアフリー絵本展 杉並区(産経新聞)

<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)

 環境省は15日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターの順化ケージ内で全長60センチの雄のテン1匹を捕獲したと発表した。このテンが3月にトキを襲ったのかどうかは不明。

 同省によると、14日午後8時半ごろ、職員らが監視モニターからの音声で、順化ケージ内で動物の鳴き声がしたり、金属音がするのに気づいた。確認したところ、テンがわなにかかっていた。

 この事故では3月に9羽のトキが襲われ死に、監視モニターやケージに残された毛からテンが襲撃したとみられている。【江口一】

【関連ニュース
コチョウラン:所管法人から就任祝い 環境省幹部を処分
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省
環境省:温室効果ガス25%減でもGDP増 検討会試算
温室ガス:環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに
トキ:「擬交尾」の画像を公開 環境省

徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)
個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
<特養老人ホーム>個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(毎日新聞)
<自立支援法訴訟>障害者らと国、和解成立 東京地裁で(毎日新聞)
区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)

雑記帳 オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)

 岩手県宮古市の田老(たろう)川河口に現れ、1月に衰弱のため宮城県松島町のマリンピア松島水族館に保護されたキタオットセイの赤ちゃん「タロちゃん」が15日、保護水槽から一般展示水槽に移された。

 保護当時と比べて、体重が1.4倍の10.2キロに成長。食欲も旺盛で、海に帰る訓練と運動不足解消のために引っ越した。広い「新居」で自由に泳ぎ回り、愛くるしい仕草でまた人気者に。

 オットセイの群れが三陸沖を通る来年の冬に海へ戻す方針という。群れをはぐれ、不慣れな環境でもたくましく育つ“前途洋々”のタロちゃん。悩める新社会人の励みになるかも。【渡辺豊】

<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)

サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)

 各地でサクラが見ごろを迎え、独自手法を駆使して予想合戦を展開した民間3社の“成績”が明らかになりつつある。うち2社は、大阪の満開予想でみると実際とは3〜5日のズレが発生。観測地点などが異なる1社も、和歌山の満開予想を的中させたものの、開花では1週間の誤差が生じた。思わぬ戻り寒波に苦戦を強いられたが、全体的には各社とも「まずまずの善戦」となったようだ。

 予想を行ったのは、最古参のウェザーニューズ(WN)、日本気象協会、今年から参入したウェザーマップ(WM)の3社。

 開花予想では、全国38地点中、WMは東京、大阪など9地点で的中、計24地点が誤差2日以内に収まった。気象協会は横浜など5地点を当て、誤差2日以内は計23地点だった。

 WNは、観測地点や開花の定義などが他社と異なるため一概に比較できないが、37地点のうち3地点で的中、誤差2日以内は計19地点だった。

 一方、満開予想では、大阪市についてWMは4月1日、気象協会3月30日としたが、大阪管区気象台発表の満開日は4月4日に。標本木と場所は異なるものの、WNは和歌山市で気象台発表の3月31日とピタリ的中したが、開花日では気象台発表より7日遅い3月25日と予想していた。

 サクラは通常、開花から満開までは1週間〜10日程度とされるが、今年は3月末の寒の戻りで真冬のような冷え込みとなり、近畿ではおおむね2週間程度かかった。大阪市(大阪城公園)の標本木でも開花から満開まで14日かかり、「一時花が止まった状態」(市担当者)になった。

 「例年より1度でも気温が低くなると、花の開き方は大きく異なる。満開予想はその分だけ難しかった」とWM担当者。ただ、開花予想については「気象庁の過去の予想でも平均で3日ほど差があったし、今のところ上出来」と話した。

【関連記事】
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」
間もなく満開 日本最古の山高神代桜
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ
桜開花予想ハズレ…森田氏、頭下げる「大目に見てください」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

火災 2歳女児が死亡、父と4歳兄は心肺停止…川崎(毎日新聞)
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書(医療介護CBニュース)
裁判員制度「裁判良くなった」59%…読売調査(読売新聞)
「ゲゲゲの女房」最低視聴率更新=NHK朝ドラ(時事通信)
<雑記帳>「クレヨンしんちゃん」埼玉県春日部市の案内人に(毎日新聞)

官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)

 首相官邸報道室で15年余にわたり報道対応に当たった金澤秀明調査官(60)が31日付で定年退職した。4月からは内閣府政策評価広報課に非常勤職員として再雇用されるが、同僚職員からは「余人をもって代え難い」と惜しむ声が上がっている。
 金澤氏は、中曽根康弘首相時代の1984〜88年に専門職として官邸に勤務。97年からは橋本、小渕、森、小泉、安倍、福田、麻生、鳩山と8代の内閣の下で、組閣時の記念撮影や首相の記者会見などに携わり、最高権力者と報道機関の接点を支えてきた。 

生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑−福岡国税局(時事通信)
私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし−茨城(時事通信)

日病協議長に邉見氏昇格、副議長には全日病の西澤会長(医療介護CBニュース)

 日本病院会など11団体でつくる「日本病院団体協議会」(日病協、議長=小山信彌・日本私立医科大学協会病院部会担当理事)は3月26日、代表者会議を開き、月末で任期満了となる小山議長の後任に邉見公雄副議長(全国自治体病院協議会会長)を選任した。副議長には全日本病院協会の西澤寛俊会長が就任する。

 邉見氏は代表者会議後の記者会見で、「病院の言い分も、医療界では出していかないと国民にとっても不幸になるし、医療界にとっても不幸だ。病院あるいは地域医療のために、少し頑張ってみたいと思う」と述べた。
 また邉見氏は、1年間の任期中に、2012年度の診療報酬改定に向け、複数科受診に関するデータ集めなどを行いたいとした。


【関連記事】
2年後の改定、複数科の再診料が争点に
再診料引き下げ「初めから頭にあったのでは」−日病協・邉見副議長
答申後に意見書提出へ−診療報酬改定で日病協
診療報酬改定の最終要望「第三報」を提出−日病協
日病協議長に小山副議長

<寺放火>容疑の住職、詐欺未遂でも逮捕…埼玉県警(毎日新聞)
代理処罰を期待 警察庁 中国製ギョーザ中毒事件(産経新聞)
国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
張が2連勝=囲碁十段戦(時事通信)
桜田門外の変 150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。